7 月 14

⑤ゴールキーパー関係

Published by

◆◆お父さん、お母さんの為の解りにくいサッカーのルール備忘録◆◆
初級審判のライセンスを取得した際に、解りにくいルールをピックアップし、整理しました。

◆◆ゴールキーパー関係◆◆

◆ゴールキーパーの反則◆
ゴールキーパーは、6秒を超えてボールを手でコントロールすることができない。次のとき、ゴールキーパーがボールをコントロールしていると判断される。
●ボールがゴールキーパーの両手で持たれているとき、またはボールがゴールキーパーの手とグラウンドや自分の体など他のものとの間にあるとき
●ゴールキーパーが広げた手のひらでボールを持っているとき
●ボールをバウンドさせる、または空中に軽く投げ上げたとき
ゴールキーパーが手でボールを保持しているとき、相手競技者はゴールキーパーに挑むことができない。
ゴールキーパーは、次の状況下において、自分のペナルティーエリア内で、ボールを手で触れることができない。
●保持したボールを放したのち、他の競技者が触れる前に再びボールを手で扱った場合
― ゴールキーパーがボールを手や腕のいずれかの部分で触れることは、ボールをコントロールしていると判断されるが、セービングなどで偶発的にゴールキーパーからはね返ったボールについてはその範囲でない。
― ゴールキーパーがボールを意図的に手で転がして運ぶことも保持にあたる
●味方競技者が意図的にゴールキーパーにキックしたボールにゴールキーパーが手で触れた場合
●味方競技者によってスローインされたボールをゴールキーパーが直接受けて手で触れた場合
プレーの再開
間接フリーキックは、反則が起きた場所から行われる(第13条-フリーキックの位置を参照)。

◆ゴールキーパーに対する反則◆
●ゴールキーパーがボールを手から放すのを妨げることは、反則である。
●ゴールキーパーがボールを放そうとしているときに競技者がそのボールをけるまたはけろうとすることは、危険な方法でプレーすることで罰せられるものとする。
●コーナーキックを行うときなどに不正な方法でゴールキーパーを妨げてゴールキーパーの動きを制限することは反則である。

◆ゴールキック◆
ボールは、ペナルティーエリア外に直接けり出されたときインプレーとなる。
ゴールキックからボールが直接ペナルティーエリア外にけり出されなかった場合、
 ●キックが再び行われる。


本件は抜粋ですので、全てのルールは下記を参照して下さい。


※参考※
競技規則|大会・試合|日本サッカー協会
■財団法人 日本サッカー協会


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ←少年サッカーを応援する、サッカーブログ 少年サッカーブログ一覧へ 人気ブログランキングへ←ジュニアサッカー含め、サッカー専門(人気ブログランキング)です。 上のサイトに参加しています。宜しければ、上の画像、リンクの!!クリック!!をお願い致します。

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

サイト内検索: