7 月 13

①間接フリーキックと直接フリーキック

Published by

◆◆お父さん、お母さんの為の解りにくいサッカーのルール備忘録◆◆
初級審判のライセンスを取得した際に、解りにくいルールをピックアップし、整理しました。

◆◆間接フリーキックと直接フリーキック◆◆

◆間接フリーキックになるもの◆
 ゴールキーパーが自分のペナルティーエリア内で、次の4項目の反則を犯した場合、間接フリーキックが相手チームに与えられる。
 ●自分のものとしたボールを放すまでに、手で6秒を超えてコントロールする。
 ●自分のものとしたボールを手から放したのち、他の競技者が触れる前にそのボールに手で再び触れる。
 ●味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされたボールに手で触れる。
 ●味方競技者によってスローインされたボールを直接受けて手で触れる。

 競技者が次のことを行ったと主審が判断した場合も、間接フリーキックが相手チームに与えられる。
 ●危険な方法でプレーする。
 ●相手競技者の前進を妨げる。
 ●ゴールキーパーがボールを手から放すのを妨げる。
 ●第12条のこれまでに規定されていないもので、競技者を警告する、または退場させるためにプレーを停止することになる反則を犯す。
——————————-
シグナル
主審は、片腕を頭上に上げて間接フリーキックであることを示す。
主審は、キックが行われ、他の競技者がそのボールに触れるかまたはアウトオブプレーになるまで、その腕を上げ続ける。
ボールがゴールに入る
キックされたのち、ゴールに入る前に他の競技者がボールに触れた場合のみ得点となる。
●間接フリーキックが行われ、ボールが相手ゴールに直接入った場合、ゴールキックが与えられる。
●間接フリーキックが行われ、自分のゴールに直接入った場合、相手チームにコーナーキックが与えられる。
——————————-

◆直接フリーキックになるもの◆
競技者が次の7項目の反則を不用意に、無謀にまたは過剰な力で犯したと主審が判断した場合、直接フリーキックが相手チームに与えられる。
 ●相手競技者をける、またはけろうとする。
 ●相手競技者をつまずかせる、またはつまずかせようとする。
 ●相手競技者に飛びかかる。
 ●相手競技者をチャージする。
 ●相手競技者を打つ、または打とうとする。
 ●相手競技者を押す。
 ●相手競技者にタックルする。

次の3項目の反則を犯した場合も、直接フリーキックが相手チームに与えられる。
 ●相手競技者を抑える。
 ●相手競技者につばを吐く。
 ●ボールを意図的に手または腕で扱う(ゴールキーパーが自分のペナルティーエリア内にあるボールを扱う場合を除く)。
——————————-
 ●直接フリーキックが行われ、ボールが相手ゴールに直接入った場合、得点となる。
 ●直接フリーキックが行われ、自分のゴールに直接入った場合、コーナーキックが相手チームに与えられる。
——————————-


本件は抜粋ですので、全てのルールは下記を参照して下さい。


※参考※
競技規則|大会・試合|日本サッカー協会
■財団法人 日本サッカー協会


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ←少年サッカーを応援する、サッカーブログ 少年サッカーブログ一覧へ 人気ブログランキングへ←ジュニアサッカー含め、サッカー専門(人気ブログランキング)です。 上のサイトに参加しています。宜しければ、上の画像、リンクの!!クリック!!をお願い致します。

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

サイト内検索: