Tag Archive 'キックの飛距離'

8 月 11 2009

ゴールキックの飛距離と精度を上げる③

ゴールキックの飛距離と精度を上げる③

【ゴールキックの飛距離と精度を上げる 続編】

親子で色々と考え試し、まだちゃんとした結果は出ていませんが、

これまでの事(飛距離、精度の為の要点??)、
 ①ボールを飛ばしたい方向にしっかり力を加える。
 ②足だけでなく、助走からの全体のスピードをちゃんと利用する。
 ③全体のバランス(助走からしっかりとしたフォームのバランス)が大事!!

が意識できれば、足を横から出そうが、助走の角度が大きかろうが、
そこそこの飛距離を、精度を保って蹴る事が出来るようになると考えます。

試しに、今までの事をしっかり意識させた上で、
少し楽なフォーム(入り角を少し大きめ、足の振り角も少し斜めで楽目!)
で蹴らしてみると、真直ぐに凄いスピードで飛んで行きました。
本人もびっくりしたようで、
念の為、『しばらくは、練習は今までどおりだぞ!!』・・・です。

私が思うに、現在までの経過は、おおむね順調だと思います。

・飛距離を出すには??
・思ったところにコントロールするには??

などの、ボールを蹴る事に対する要点が分かって来た様で、
飛距離、精度ともに大分落ち着いてきました。
K君共々、今週末からの、合宿兼、
第29回富士山ジュニアカップサッカー大会での出来が、
今から楽しみである。
うまくいくかな??

また、パントキックも同様に修正中です。
機会があれば、この当たりに付いても書いていきます。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ←少年サッカーを応援する、サッカーブログ 少年サッカーブログ一覧へ 人気ブログランキングへ←ジュニアサッカー含め、サッカー専門(人気ブログランキング)です。 上のサイトに参加しています。宜しければ、上の画像、リンクの!!クリック!!をお願い致します。

No responses yet

8 月 10 2009

ゴールキックの飛距離と精度を上げる②

Published by under 1)長男K U-12, ゴールキック

ゴールキックの飛距離と精度を上げる②

【チャレンジしてみよう!!第2段階】
【目的】
①大きなテイクバックとする。
 (元々極端にテイクバックが少なく、フォロスルーが大きいので・・・)
②テイクバック(体のしなりからの)からのバネを使い、足の振り速度を上げる。
 (蹴るまでに十分に足の速度が上がる様に)
③そうすると、自然にボールを蹴る角度が水平に近くなり、ボールの中心ちょっと下を蹴れるはず・・・。
 (蹴り上げようとしない事。)
 (今までは飛ばそうとするあまりに蹴り上げようとしてしまう。
  と、ボールの中心ちょっと下を蹴れない・・・だった。)

【施策内容】
①タイガーショットみたいに後ろ(準備)を大きな動作で!!
②助走の最後の1歩は大きめにしないと、タイガーショットみたいに後ろが大きくならないよ!!

これは大成功!!
蹴り上げる意識の抑止と、振り足の速度アップが図れ、
プラス、力の方向がボールを飛ばす方向になり、ボールの中心の少し下をミート!!

当人K君もびっくりしながら、誇らしげでした(笑)。
まだまだ、成功率は高くないけど、
以前に比べれば、飛距離、精度も上々です。

後は、出来た時のイメージをしっかりと頭に叩き込み、
繰り返しの練習で、全体のバランスを保持しながら、全体的なスピードアップをしよう!!
(本当はまだまだあるのだろうが、とりあえずはこのあたりまでかな・・・)


※これは、サッカー経験の無い私がなんとかしたいと考えた事であり、
サッカーの正論からは外れている可能性もあるかも知れません。
まねする人は居ないとは思いますが、その時は十分のご注意下さい。
大きく間違っており、将来に悪影響が出るよ!!という事があれば、
すいませんが、ご指摘下さい。
宜しくお願いします。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ←少年サッカーを応援する、サッカーブログ 少年サッカーブログ一覧へ 人気ブログランキングへ←ジュニアサッカー含め、サッカー専門(人気ブログランキング)です。 上のサイトに参加しています。宜しければ、上の画像、リンクの!!クリック!!をお願い致します。

No responses yet

8 月 06 2009

ゴールキックの飛距離と精度を上げる①

ゴールキックの飛距離と精度を上げる①

【チャレンジしてみよう!!第1段階】
【目的】
①力の方向を蹴りたい方向に合わせる事。
②助走のスピードとバネが使えるようになる事。

【施策内容】
①とりあえず、足を振る速度は6割程度
 (足の振りはあまり意識しないし、飛距離も意識しない。させない。)
②助走の角度が大きすぎるので、小さくする。
 ⇒角度的にロスする力が少なくなるはず。
 ⇒無理なく蹴りたい方向に力が入りやすくなるはず。
③助走を大きめにして、蹴った後も前に1歩飛び出るイメージで蹴る。
 ⇒助走からの体重移動のスピードを借りる。
④助走時にバネを意識して、前に飛び出すイメージ。
 ⇒バネの力を+。バネを意識して、ボールに負けない左足の踏ん張りを実現する。

【K君への指示】
①蹴りたい方向から少しだけずらしたところから助走する。
②飛ばなくても良いから、足の振りは早く振らなくてもいい。
③助走では、バネを意識して、大きくゆっくりから、
 だんだんバネを縮めて”バーン”で蹴り、前に1歩飛び出すイメージ!!
④ボールを蹴る方向は後ろから前、上向きではない!!(フォーム練習の為)

始めはフォームも窮屈そうで、ミートもままならない様子であったが、
何日か後には、そこそこ当たりだし、
助走からの体全体の体重移動とバネが使えた時は、
足の振りは5、6分程度だが、従来くらいの飛距離が出るようになりました。
方向のコントロールもしやすい様である。
K君も助走からの全体のスピードとバランス・・・と
なんらかの感覚はつかんでくれたみたいです。
しかし、飛距離も出、精度も上がって来、もっと飛ばしたいと力むと、
体重移動が出来ない。バネが使えない。力のかかる方向がずれる・・・です。
といったことを繰り返しながら、
少しずつ、助走のスピードとバネの力、繰り返しの練習を行いました。

飛距離もそこそこ出、精度も上がって来たので、
次は第2段階へ!!つづく・・・


※これは、サッカー経験の無い私がなんとかしたいと考えた事であり、
サッカーの正論からは外れている可能性もあるかも知れません。
まねする人は居ないとは思いますが、その時は十分のご注意下さい。
大きく間違っており、将来に悪影響が出るよ!!という事があれば、
すいませんが、ご指摘下さい。
宜しくお願いします。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ←少年サッカーを応援する、サッカーブログ 少年サッカーブログ一覧へ 人気ブログランキングへ←ジュニアサッカー含め、サッカー専門(人気ブログランキング)です。 上のサイトに参加しています。宜しければ、上の画像、リンクの!!クリック!!をお願い致します。

No responses yet

サイト内検索: